太陽光発電でお得に電気を作る!【設置するなら業者に依頼】

緊急時に使用する水源

いろいろな側面から考える井戸掘り

井戸の用途は様々です。なぜ人間は井戸掘りをするのでしょう。まず水道代を節約したいこれはコスト削減につながります。水道が通っていないところで水を使いたい、これは水道から離れた場所、たとえば畑などで水がどうしても必要なとき、また災害など非常時の断水の時など万が一の時のため、井戸掘りが趣味ですという方もいらっしゃいます。 さて井戸掘りをするのにいったいいくらぐらいお金が必要なのでしょうか、自分で掘る場合と業者に依頼する場合、また井戸の大きさにもよります。一般的な業者に依頼する場合25万円前後で井戸をほってもらえます。また事前調査、見積もり等は無料で行っている業者もたくさんあるので必要に応じて利用するのもよいとおもいます。

飲料用だけではない井戸水

井戸の水の用途は昔飲料用あるいは生活用水のみに使われてきました。近年は災害時の水源としてその価値がみなおされつつあります。 井戸の掘り方としては上総堀が有名です。明治初期に深井戸の掘削技術として現在の千葉県袖ケ浦市近郊で考案され、この地方の名を冠して上総堀りとよばれていました。この原型は中国から伝わった突き彫りとされていて鉄棒を万力やテコを利用して持ち上げ急激に地面に落下させる方法です掘れる深さは36Mぐらいまででした。 現在では様々な井戸掘りツールが販売され地下に水源があれば容易に井戸堀りができ簡単に井戸水を利用することができるようになりました。 1度井戸掘りに挑戦して井戸の水を思いっきり飲んでみたいものです。