太陽光発電でお得に電気を作る!【設置するなら業者に依頼】

コンクリートを使用した建築

様々な個所に使用されるコンクリート

一戸建てに住む場合多くの場所でコンクリート工事つまりコンクリートを用いた工事が行われます。一番最初にコンクリート工事が行われるのは建物の基礎です。最近ではベタ基礎と呼ばれほとんどの建物でコンクリートが使用されているのです。さらに場合によっては壁や天井などにもコンクリートが使用されるケースもあります。このほかにも玄関ポーチや土間、勝手口階段など多くの場所でコンクリート工事が行われるのです。更にコンクリートが使用されるのは建物だけではありません。屋外で駐車スペースなどには多くの場合コンクリートが採用されコンクリート工事が行われるのです。行われる規模や必要な強度などによりコンクリート工事の金額は大きく変わり数万円で済む工事から数百万円かかる工事までさまざまなのです。

コンクリート工事とは

コンクリートというのは大きく分けて砕石、セメント、水で作られます。これらの配合を変えることで強度にも大きな違いがあるのです。更に大量のコンクリートが使用される場合工場で練られミキサー車と呼ばれる車で現場まで運ばれます。どの配合、割合が適正というものではなく外気温などの作業環境、必要強度によって配合が異なるのです。こういった配合やコンクリートの産地を証明するための書類として生コン配合表というものがあります。工場で生産されたコンクリートには必ずこういった証明書があります。水の配合量が多いコンクリートでは現場での作業性は良いのですが強度が出ない場合もあります。駐車スペースと建物の基礎に施工されるコンクリートでは基礎に使用するコンクリートはより強度のあるコンクリートが必要になります。場合によっては業者に生コン配合表の提出を求めるなどしっかりとした強度のあるコンクリート工事を行っても売らう必要があるのです。